業界初!ヘリコプターで物件確認

引越しを一生の思い出に
感動と驚きのプレゼントを。

プロジェクト概要

一生の内に何度か経験する引越し。そのタイミングは人生のターニングポイントと重なる事も珍しくない。進学、就職、結婚、出産・・・そんな機会に訪れる引越しをもっと思い出深い、一生の記憶に残して頂けないかと考え、このサービスが生まれた。 ヘリコプターに乗ると言うなかなかない経験と共に、HOUSERも記憶に残して頂く。ご利用のお客様には大変喜んで頂き、多くのメディアにも取り上げられた。

選ばれる為には
まず知って頂く事から

世の中には不動産会社、賃貸仲介店舗はいったいいくつあるのか?その中から「第一グループだから」と選ばれる為にはどうしたら良いのか?これは常日頃から抱えている永遠の課題だ。ファッションや自動車、携帯電話等他の業界に比べると企業で選ばれる事の少ない不動産業界。 ブランド力で選ばれる為、サービスやマナー等様々な事に取り組んできた。しかし、そもそも第一グループを知らない顧客にはどうアピールをすれば良いのか? チラシや看板、インターネット広告等の宣伝活動は行っているがありきたりな方法だ。もっと広く第一グループを知ってもらうには?世間が注目する様なインパクトのある方法は何か?と考えた結果、今までどの不動産会社も提供した事のないサービスを提供しようと考え、契約した物件をヘリコプターに乗って空から確認する「業界初!ヘリコプターで物件確認」が生まれた。

非日常的な体験から
『引越し』を
記憶に残る思い出へ。

お部屋を探されているお客様に物件を案内する際、周辺環境の説明も十分に行っている。時には車で物件周辺の駅やスーパー等、街中を案内する事もある。 しかし、地上を走っているだけでは位置関係や距離感がつかめず、帰宅してからインターネットの地図を閲覧し、確認されるお客様も多いと営業担当が言う。それならば一層の事、実際に上空から新居や街中を見て頂くのはどうか?との意見が出た。 上空からの確認はどうやって行うのか?流行のドローンを使って等の案も出たが、やはりお客様自身が実際に体験して頂ける様、低空飛行可能なヘリコプターに乗って確認して頂く事に決定した。 ヘリコプターに乗るという非日常的な体験を通じて引越しを記憶に残る一生の思い出にして頂き、その時お手伝いしたのが第一住建グループ HOUSERだという事も覚えて頂ける様な感動とサプライズをプレゼントできるサービスになった。

数多くのメディア掲載に
手ごたえを感じる

サービスを開始するにあたり、テレビ局や新聞社、雑誌社などのメディアに対してプレスを配信し、メディア向けの記者発表会を行った。 記者会見は初めての事でとまどう事も沢山あったがその甲斐があり、テレビ局からは6社の取材を受け、新聞や雑誌にも沢山掲載して頂いた。テレビ放送を見た顧客や取引先から感想を聞く機会も増え、改めてメディアの影響力を実感した。 第一住建グループの認知度も上がり「あの、ヘリコプターの不動産会社」と言われる事も多くなった。このサービスをご利用頂いたお客様からは「一生に残る思い出になりました。次回の引越しの際も是非お願いしたいです。」とのお喜びのお声も頂き、このサービスを通して認知度向上とお客様に会社で選ばれる為に何をすべきかの手ごたえを感じる事が出来た。 今後も不動産業界のパイオニアとして、様々な新しいサービスを取り入れこの業界を動かしていこうと考える。