D-SPOT-COM1店舗目立ち上げ

一生涯のパートナーの新たな可能性を
101坪の共働スペースで開拓していく。

プロジェクト概要

第一住建グループでは自社ビルを所有。テナントを、法人顧客に貸し出している。賃貸収入を安定して得るためには、できるだけ空室を少なくしなければならない。そこで新規顧客の獲得や既存顧客の満足度向上に向けて、ビルのワンフロアをコワーキングスペースとして改装。企画・運営で創意工夫し、会員の新規獲得や空室の改善を実現した。

arrow_forwardD-SPOT-COMホームページへ

ビルの価値を高めるために、
フリースペースを
どんな場所にするのか。

第一住建グループの安定基盤を支える要因の一つは、自社物件による賃貸収入。しかし、空室が多いと収入が減ってしまう。いかにビルの価値を高めるか、またいかに法人顧客の満足度を高め、長期利用してもらえるかが重要になる。そこで第一グループで新しく取り組んだのが、ビルのワンフロアをフリースペースにすること。法人顧客の社員の方々に休憩用やミーティング用のスペースとして利用してもらうことで、その満足度を高めることが目的だ。南久宝寺町ビルの9階101坪をどんな場所に仕上げるか。プロジェクトリーダーとして任命されたのは、ビル仲介の営業である近藤 学。工事業者とやりとりするなかで、コワーキングスペースの存在を知った。コワーキングとはオフィスや会議室、打ち合わせなどのスペースを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルのこと。ビルのお客様だけではなく、外部の個人事業主や法人も会員化できれば収入が得られる。2014年5月、コワーキングスペース『D-SPOT-COM』がオープンした。

会員を増やすためのヒントは、
会員になってくれた
お客様がくれた。

「ぜんぜん会員が増えない……」オープンから3ヶ月、会員数が思うように伸びないことに近藤は焦りを感じていた。広報・宣伝をし、1ヶ月の無料キャンペーンも行っている。他のコワーキングスペースと比べると、内装や広さも優れているはずだ。現状を打開するヒントをくれたのは、会員になってくれた個人事業主の方々。交流会での話をきっかけに、会員ターゲットを「起業間もない方」や「起業を志している方」に絞ることを思いついた。『D-SPOT-COM』にはスモールオフィスもあり、第一住建グループで考えるとあらゆる立地・広さのビルもある。『D-SPOT-COM』でスタートした企業の成長に合わせたオフィスを紹介していくことが可能。それは会社が大切にしている“一生涯のパートナー”を実現することでもあるのだ。近藤は第一住建グループの物件に入居してくださっている企業のネットワークを使い、全10回の起業セミナーを企画。既存会員の満足度向上や新規会員獲得につながっていった。

賃料を上げても満室を達成。
成功の先に新たに可能性が
見えてきた。

『D-SPOT-COM』のオープンから約1年が経ち、成果が見えてきた。「この場所があるから入居したい」という法人のお客様が出始めたのだ。結果、南久宝寺町ビルは賃料を以前より上げたものの満室になった。それは当初の「ビルの価値と顧客満足度を上げる」という目的の達成を意味している。また、会員数は順調に増え続け、『D-SPOT-COM』に併設されている4室のスモールオフィスも埋まってきている。なかにはスモールオフィスから第一住建グループのより広い別の物件へ移動したお客様もいた。順調に成果が出だした『D-SPOT-COM』プロジェクト。しかし、まだ始まったばかり。近藤はさらなる満足度向上への取り組みを充実させ、2箇所3箇所と他の自社物件へ展開していくことを目指している。スペースや会員数が増えることでネットワークが形成され、どんどんビジネスチャンスが生まれていくに違いない。“一生涯のパートナー”に向けて、『D-SPOT-COM』は今後も新たな可能性を開拓していく。