2014年。第一住建の45年の歴史の中で初めて、関西以外の支店が名古屋に開設されました。名古屋のお客様へもより柔軟な対応をしていくためです。
現在は管理事業部の5人が名古屋支店で働いており、私はそこの責任者をしています。
長らく関西の地域密着でやってきた私たちにとって、名古屋支店はかなりの大きなチャレンジでした。しかし現在、毎月の売上目標はつねに達成しており、運営は非常に順調。
名古屋エリアで約1000戸の物件管理をしています。この名古屋エリアでの成功は、2016年、さらに東京での支店開設への足がかりともなりました。

新たな支店での事業を育てていくことと同時に、最近は、事業を担うメンバーのモチベーションをあげていくことに強い関心を抱いています。
大切なのは、システム面とマインド面。双方からのモチベーション維持が欠かせません。
第一住建はシステム面への取り組みにとても熱心で、待遇や制度に関する改善が毎年行われています。
一方マインド面でのモチベーション維持に大事なのが、先輩や上司の働く姿です。先輩や上司って、少し未来の自分の姿。
かっこ悪く働いていたり、不満ばかり言っていてはいけないと思うんです。
「あの人みたいになりたいなぁ」「いつかあの仕事、やってみたい!」と言われるように、自分が全力でいい仕事に向き合う姿を見せていかなければならないと考えます。
自分がいい仕事をすれば、仕事そのものの成果も上がり、メンバーのモチベーションも維持される。名古屋支店の中でも「あこがれの存在」って言われるくらい、頑張っていかなければいけませんね。

キャリアステップ

【入社】

大学を休学して飲食系の仕事などをしていたが、本格的にBtoCの営業を学びたいと考え、不動産営業への道を志す。

arrow_downward

【1年目】

賃貸事業部 HOUSER本町センター。営業職以外に、採用担当者としての仕事を行う。

arrow_downward

【4年目】

管理事業部 マンション営業課へ異動。リーダーとなり、メンバーのマネジメントも行うようになる。

arrow_downward

【6年目】

責任者として、管理事業部 名古屋支店に。「旗振り役」として、店舗の拡大やメンバーの育成等を行っている。

arrow_downward

【8年目】

幅広く社内を見てきたことを買われて、シニアマネージャーに就任。名古屋支店を見ながら、新たな人材獲得のため採用一切も取り仕切る。