就職活動中は5社から内定を頂き、その内の1社、世間では大手と呼ばれる企業の内定式に出席しましたが、そこに社長の姿はありませんでした。
『会社のトップの顔も知らないまま入社して、本当に自分はここで成長出来るのか。やりたいと思っている仕事が出来るのか』と不安になりました。
でも、再度就活を始めるには遅い時期だったので、半ば諦めかけていた時、友人が第一グループを紹介してくれ面接を受けました。今まで見てきた様な大手ではないけれど、社長の存在も近く、事業内容の幅も広かったので『ここでなら自分の希望通りに成長出来るのではないか』と思い入社を決意しました。
しかし、入社1年目はそう甘くはありませんでした。
研修期間が終了すると、実際の接客や案内等すぐに現場での実践が始まりました。正直、もう少し教えてもらう期間が長いと思っていたので、少し驚きました。
でも、今振り返るとあの実践があったからこそ、この1年間でかなり成長出来たのではないかと思っています。何故なら、たまに大学の同級生と会うとまだまだ新人の様な考えでいる友人もいて、それに比べると自分は大人になったのではないかと・・・
それは、厳しい中にもノビノビと仕事をさせてくれる環境と、失敗しても良いからとにかくやって来いという力強い先輩社員の存在があったからだと思います。

新卒1年目は宴会の企画・運営という重大な仕事もあります。
これも初めて聞いた時は『なぜ、新卒社員がやるのか・・・』と思いましたが、自分達で企画をし、常務に直接決裁を貰いに行く事も他の会社の新卒社員ではなかなか経験できない事ですね。
更に、ゲームや景品の内容は経営理念やその年のテーマに沿ったものを考慮する為、会社の方向性や考え方までもきちんと理解しないといけません。
この企画・運営は通常業務では学べない、会社の事をしっかり考える良い機会です。この良い伝統を後輩にもキチンと受け継いでいきたいと思います。

この会社に入社したからには今の賃貸事業部での業務にとどまらず、あらゆる経験をしたいと思っています。もっと大きな金額を動かせる、もっと大きな責任のある仕事。
あらゆる可能性のある第一グループだからこそ、もっともっと成長していきたいと考えています。

キャリアステップ

【入社】

社長が近い存在である第一グループに魅力を感じ入社。

arrow_downward

【1年目】

賃貸事業部 HOUSERへ配属。様々な不安を抱きつつも厳しい現状に揉まれながら、確実に営業として成長する。

arrow_downward

【2年目】

新卒社員を迎え、賃貸仲介の営業としても、新卒社員の先輩としても、後輩の指導に励む。更に自らも不動産のプロフェッショナルとしてのキャリアアップを目指す。

arrow_downward

【3年目】

中堅社員として、新たに店舗の運営も任されながら引き続き接客業務や、後輩のサポートにと忙しい日々。