2019.02.19

D-SPOT-COM長堀

コーヒーイベントレポート

コーヒーイベントレポート

D-SPOT-COM長堀で第26回コーヒーイベントを開催致しました。
今回は基本のハンドドリップの淹れ方と、メインのテーマは『利きコーヒー』でした。
これまでの利きコーヒーでは、同じ豆で焙煎方法の異なるものや、逆に焙煎方法は一緒で豆の種類の違うもの、グレードの違うもの等で行いましたが今回は『精製方法の違い』での飲み比べでした。
『精製』とは、実から果肉や不純物を取り除いて『生豆』にする工程の事です。 この精製には様々な方法があるのですが、主に『ウォッシュド』と『ナチュラル』があります。
『ウォッシュド』とは、文字どおり水で洗う方法。大きな水槽に入れ、専用の機械などできれいに洗い落して豆を取り出します。
いっぽうの『ナチュラル』は実をそのまま敷物等に広げ、空気にさらして乾燥させ、脱穀のように豆を取り出す方法です。
この精製方法の違いだけでも同じ豆、同じ焙煎方法なのに味に変化が出ます。 そのポイントや、それぞれの味の特徴などを教えて頂きながら、楽しくコーヒーイベント進めさせて頂きました。

参加者様の感想

豆や焙煎の違いで、味や香りに大きく変化が感じられるのが興味深かったです。お湯の温度や角度、時間の違いも奥深いなと感じました。次回は豆に合うミルクや砂糖などお勧めがあれば知りたいです。
浅煎りのコーヒーの淹れ方で味が全く違ったので不思議でした。自分の好きな味のコーヒーを見つけたい!と思いました。
ものすごくタメになりました。また来たいです、次回はカッピングを希望します。

イベントの様子

news一覧に戻る