長堀のコーヒーについて

大阪の隠れ家、知る人ぞ知る名店『北摂焙煎所』プロデュース

D-SPOT-COM長堀のコーヒーは全て大阪府箕面市にある『北摂焙煎所』がプロデュース。数々のカフェ店舗をプロデュース、リニューアルの実績があり、ランキングサイトでも好評価を得ています。北摂焙煎所のコーヒーは上質なコーヒー豆を厳選して使用し、豆の選別も一つ一つ手作業で行っている為、高い品質基準を保っています。更に、自家焙煎ならではのこだわり製法で長年培ってきた経験の元、豆の産地による味の特徴や香りなどを考慮しながら、味わい深く香り高いコーヒーを生み出しています。 北摂焙煎所のWEBサイトはこちら

上質なコーヒーを淹れて飲む楽しみ

ご利用者様はスペースに滞在中、上質なコーヒーを何杯でもお召し上がり頂けます。D-SPOT-COM長堀のコーヒーの楽しみ方は何と言っても、「ご自分でコーヒーを豆から挽いてドリップして飲んで頂く」という所。
お湯の注ぎ方一つでも味わいが変わってくる奥深さをとことん追求しながら淹れるコーヒーは、他店では味わえない特別な味に仕上がります。

季節に合わせたコーヒーを4種類ご用意

D-SPOT-COM長堀のコーヒーは常に4種類ございます。
夏はアイスコーヒーに最適な深煎りを、冬はホットに最適な中深、浅煎り等、季節に応じたコーヒー豆をご用意。その他、会員様にご好評頂いているものや、リクエストに応じて入れ替える事もあります。
1杯だけではなく、何杯でも繰り返し飲み比べを楽しんで頂く事も可能です。

美味しいコーヒーの淹れ方

分量や温度等、こだわればこだわる程、美味しいコーヒーが出来上がります。
初心者の方にはスタッフがご説明させて頂きます。

①1杯分の豆の量は14.0グラム。
きっちり計ってミルで挽きます。

②温めたサーバー(下)にドリッパー(上)をセットします。
82~90度に調整したお湯を全体を蒸らす様に注ぎます。

③真ん中が窪んだら更にお湯を注ぎます。
100円玉の円を描く様に注ぐのがポイント。
170ccが一番美味しい分量です。

D-SPOT-COM長堀のコーヒーについて

全てスペシャルティコーヒーを揃えています

D-SPOT-COM長堀のコーヒーはSCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカップ評価基準で80点以上の評価を得たスペシャルティコーヒーのみを揃えています。
この評価基準はコーヒー豆からカップまで、総ての段階に於いて一貫した体制・工程で品質管理が徹底している事が必須になります。 具体的には生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない、そして適切な輸送と保管により劣化のない状態で焙煎され、更に適切な抽出がなされ特徴的な素晴らしい風味特性が表現されている事が求められます。
そんな厳しい評価をクリアしたスペシャルティコーヒーは生産量の約5%~8%と言われており、一般的なコーヒーショップで味わう事はほとんどありません。

オリジナルブレンドコーヒー『D-BLEND』

スペシャルティコーヒーで弊社オリジナルブレンドを作りました

コーヒー好きの方に、世界に一つしかないコーヒーを味わって頂きたいという想いからオリジナルブレンドコーヒー『D-BLEND』を作りました。
頭文字の『D』にこだわり、Dominicana(ドミニカ)のコーヒー豆をベースにしています。
ドミニカの豆自体はアーモンドの様な香ばしい風味と完熟レモンの果肉っぽい後味が特徴ですがそこにブラジル、コロンビア、インドネシアの豆を黄金比率で配合し全体に丸みを与え、甘味のある後味に仕上げました。
ホットにおススメの中深煎りとアイスでも美味しく頂ける深煎りをご用意致しましたので他にはないオリジナルブレンドコーヒーを是非、味わい下さい。

北摂焙煎所からのご挨拶

こんにちは。北摂焙煎所の宮崎です。
コワーキングスペースとコーヒーのコラボレーションは私自身も初めての試みでしたが微力ながらお役に立てればと思い、今回、お手伝いさせて頂く事になりました。 コーヒーを通じて違う業態、業種の方とお話できるのはとても刺激になりますね。
我々はコーヒーと向き合い、まじめに取り組んでいます。焙煎レシピも試行錯誤を繰り返し常に最高を追求する為、都度更新しています。ここが北摂焙煎所一番のこだわりポイントです。
ご自分でコーヒーを豆から挽き、ドリップして飲むと言う事は味を自分好みに仕上げられると言う事。実際に器具を選び、好みの豆を挽いて淹れる体験が出来るのはとても魅力的だと思います。 コーヒーを自分流に、自由にとにかく楽しんで頂ければ嬉しいです。

大阪長堀橋、心斎橋のコワーキングスペース

長堀のコーヒーについて

大阪の隠れ家、知る人ぞ知る名店『北摂焙煎所』プロデュース

D-SPOT-COM長堀のコーヒーは全て大阪府箕面市にある『北摂焙煎所』がプロデュース。数々のカフェ店舗をプロデュース、リニューアルの実績があり、ランキングサイトでも好評価を得ています。北摂焙煎所のコーヒーは上質なコーヒー豆を厳選して使用し、豆の選別も一つ一つ手作業で行っている為、高い品質基準を保っています。更に、自家焙煎ならではのこだわり製法で長年培ってきた経験の元、豆の産地による味の特徴や香りなどを考慮しながら、味わい深く香り高いコーヒーを生み出しています。
北摂焙煎所のWEBサイトはこちら

上質なコーヒーを淹れて飲む楽しみ

ご利用者様はスペースに滞在中、上質なコーヒーを何杯でもお召し上がり頂けます。D-SPOT-COM長堀のコーヒーの楽しみ方は何と言っても、「ご自分でコーヒーを豆から挽いてドリップして飲んで頂く」という所。
お湯の注ぎ方一つでも味わいが変わってくる奥深さをとことん追求しながら淹れるコーヒーは、他店では味わえない特別な味に仕上がります。

季節に合わせたコーヒーを4種類ご用意

D-SPOT-COM長堀のコーヒーは常に4種類ございます。
夏はアイスコーヒーに最適な深煎りを、冬はホットに最適な中深、浅煎り等、季節に応じたコーヒー豆をご用意。その他、会員様にご好評頂いているものや、リクエストに応じて入れ替える事もあります。
1杯だけではなく、何杯でも繰り返し飲み比べを楽しんで頂く事も可能です。

美味しいコーヒーの淹れ方

分量や温度等、こだわればこだわる程、美味しいコーヒーが出来上がります。
初心者の方にはスタッフがご説明させて頂きます。

①1杯分の豆の量は14.0グラム。
きっちり計ってミルで挽きます。

②温めたサーバー(下)にドリッパー(上)をセットします。
82~90度に調整したお湯を全体を蒸らす様に注ぎます。

③真ん中が窪んだら更にお湯を注ぎます。
100円玉の円を描く様に注ぐのがポイント。
170ccが一番美味しい分量です。

D-SPOT-COM長堀のコーヒーについて

全てスペシャルティコーヒーを揃えています

D-SPOT-COM長堀のコーヒーはSCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカップ評価基準で80点以上の評価を得たスペシャルティコーヒーのみを揃えています。
この評価基準はコーヒー豆からカップまで、総ての段階に於いて一貫した体制・工程で品質管理が徹底している事が必須になります。 具体的には生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない、そして適切な輸送と保管により劣化のない状態で焙煎され、更に適切な抽出がなされ特徴的な素晴らしい風味特性が表現されている事が求められます。
そんな厳しい評価をクリアしたスペシャルティコーヒーは生産量の約5%~8%と言われており、一般的なコーヒーショップで味わう事はほとんどありません。

オリジナルブレンドコーヒー『D-BLEND』



スペシャルティコーヒーで弊社オリジナルブレンドを作りました

コーヒー好きの方に、世界に一つしかないコーヒーを味わって頂きたいという想いからオリジナルブレンドコーヒー『D-BLEND』を作りました。
頭文字の『D』にこだわり、Dominicana(ドミニカ)のコーヒー豆をベースにしています。
ドミニカの豆自体はアーモンドの様な香ばしい風味と完熟レモンの果肉っぽい後味が特徴ですがそこにブラジル、コロンビア、インドネシアの豆を黄金比率で配合し全体に丸みを与え、甘味のある後味に仕上げました。
ホットにおススメの中深煎りとアイスでも美味しく頂ける深煎りをご用意致しましたので他にはないオリジナルブレンドコーヒーを是非、味わい下さい。

北摂焙煎所からのご挨拶

こんにちは。北摂焙煎所の宮崎です。
コワーキングスペースとコーヒーのコラボレーションは私自身も初めての試みでしたが微力ながらお役に立てればと思い、今回、お手伝いさせて頂く事になりました。 コーヒーを通じて違う業態、業種の方とお話できるのはとても刺激になりますね。
我々はコーヒーと向き合い、まじめに取り組んでいます。焙煎レシピも試行錯誤を繰り返し常に最高を追求する為、都度更新しています。ここが北摂焙煎所一番のこだわりポイントです。
ご自分でコーヒーを豆から挽き、ドリップして飲むと言う事は味を自分好みに仕上げられると言う事。実際に器具を選び、好みの豆を挽いて淹れる体験が出来るのはとても魅力的だと思います。 コーヒーを自分流に、自由にとにかく楽しんで頂ければ嬉しいです。



大阪長堀橋、心斎橋のコワーキングスペース

長堀のコーヒーについて

大阪の隠れ家、知る人ぞ知る名店『北摂焙煎所』プロデュース

D-SPOT-COM長堀のコーヒーは全て大阪府箕面市にある『北摂焙煎所』がプロデュース。数々のカフェ店舗をプロデュース、リニューアルの実績があり、ランキングサイトでも好評価を得ています。北摂焙煎所のコーヒーは上質なコーヒー豆を厳選して使用し、豆の選別も一つ一つ手作業で行っている為、高い品質基準を保っています。更に、自家焙煎ならではのこだわり製法で長年培ってきた経験の元、豆の産地による味の特徴や香りなどを考慮しながら、味わい深く香り高いコーヒーを生み出しています。
北摂焙煎所のWEBサイトはこちら


上質なコーヒーを淹れて飲む楽しみ

ご利用者様はスペースに滞在中、上質なコーヒーを何杯でもお召し上がり頂けます。D-SPOT-COM長堀のコーヒーの楽しみ方は何と言っても、「ご自分でコーヒーを豆から挽いてドリップして飲んで頂く」という所。
お湯の注ぎ方一つでも味わいが変わってくる奥深さをとことん追求しながら淹れるコーヒーは、他店では味わえない特別な味に仕上がります。

季節に合わせたコーヒーを4種類ご用意

D-SPOT-COM長堀のコーヒーは常に4種類ございます。
夏はアイスコーヒーに最適な深煎りを、冬はホットに最適な中深、浅煎り等、季節に応じたコーヒー豆をご用意。その他、会員様にご好評頂いているものや、リクエストに応じて入れ替える事もあります。
1杯だけではなく、何杯でも繰り返し飲み比べを楽しんで頂く事も可能です。

美味しいコーヒーの淹れ方

分量や温度等、こだわればこだわる程、美味しいコーヒーが出来上がります。
初心者の方にはスタッフがご説明させて頂きます。

①1杯分の豆の量は14.0グラム。
きっちり計ってミルで挽きます。

②温めたサーバー(下)にドリッパー(上)をセットします。
82~90度に調整したお湯を全体を蒸らす様に注ぎます。

③真ん中が窪んだら更にお湯を注ぎます。
100円玉の円を描く様に注ぐのがポイント。
170ccが一番美味しい分量です。

D-SPOT-COM長堀のコーヒーについて

全てスペシャルティコーヒーを揃えています

D-SPOT-COM長堀のコーヒーはSCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカップ評価基準で80点以上の評価を得たスペシャルティコーヒーのみを揃えています。
この評価基準はコーヒー豆からカップまで、総ての段階に於いて一貫した体制・工程で品質管理が徹底している事が必須になります。 具体的には生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない、そして適切な輸送と保管により劣化のない状態で焙煎され、更に適切な抽出がなされ特徴的な素晴らしい風味特性が表現されている事が求められます。
そんな厳しい評価をクリアしたスペシャルティコーヒーは生産量の約5%~8%と言われており、一般的なコーヒーショップで味わう事はほとんどありません。

オリジナルブレンドコーヒー『D-BLEND』

コーヒー好きの方に、世界に一つしかないコーヒーを味わって頂きたいという想いからオリジナルブレンドコーヒー『D-BLEND』を作りました。
頭文字の『D』にこだわり、Dominicana(ドミニカ)のコーヒー豆をベースにしています。
ドミニカの豆自体はアーモンドの様な香ばしい風味と完熟レモンの果肉っぽい後味が特徴ですがそこにブラジル、コロンビア、インドネシアの豆を黄金比率で配合し全体に丸みを与え、甘味のある後味に仕上げました。
ホットにおススメの中深煎りとアイスでも美味しく頂ける深煎りをご用意致しましたので他にはないオリジナルブレンドコーヒーを是非、味わい下さい。

北摂焙煎所からのご挨拶

こんにちは。北摂焙煎所の宮崎です。
コワーキングスペースとコーヒーのコラボレーションは私自身も初めての試みでしたが微力ながらお役に立てればと思い、今回、お手伝いさせて頂く事になりました。 コーヒーを通じて違う業態、業種の方とお話できるのはとても刺激になりますね。
我々はコーヒーと向き合い、まじめに取り組んでいます。焙煎レシピも試行錯誤を繰り返し常に最高を追求する為、都度更新しています。ここが北摂焙煎所一番のこだわりポイントです。
ご自分でコーヒーを豆から挽き、ドリップして飲むと言う事は味を自分好みに仕上げられると言う事。実際に器具を選び、好みの豆を挽いて淹れる体験が出来るのはとても魅力的だと思います。 コーヒーを自分流に、自由にとにかく楽しんで頂ければ嬉しいです。



Copyright © 2017 D-SPOT. All Rights Reserved.